真面目に商品紹介を。

いつもの調子だと職人さんに失礼なので。





そもそもタイトルが◆たまには◆ってのも不真面目ですが。






それでは、まず前書きから。




《東京彫金》

元来、古墳時代後期に渡来工人によって伝えられたとされてます。

平安・室町・江戸と時代を経て、美を競い合うようにして変化し発展していき、その技術は作り上げられていきます。

かつて武士の刀剣や甲冑に用いられた彫金の技は、18世紀頃、日本画の筆勢を彫金で再現するために生まれた片切彫刻によって進化を遂げました。

これにより彫金は煙管や根付けといった庶民の日用品に浸透していき、海外からも高い評価を得るまでになりました。

片切彫刻とは、鏨(タガネ)の刃の片側を使った日本独自の技法です。

彫り跡に深い部分と浅い部分の差が生じ、陰影をもたらし、日本画に用いる筆のかすれ具合を表現。

日本画と彫金という異なるジャンルの芸術が融合し、美の競演が実現され、現在に至るのです。





長文となりましたが、それでは商品をどうぞ。


まずは、バングルから。

20200903_103849~2.jpg

…といきたいのですが、早々にご好評いただきました。



なので、すみませんがおひとつのみ。



Kingman Turquoise Silver Bangle

20200903_171738~3.jpg






20200903_171751~3.jpg



20200903_171802~3.jpg





20200903_171942~3.jpg



20200903_171832~3.jpg





20200903_172006~3.jpg

ターコイズを挟むように大小のサンダーバードトラック。

マウンテンのタガネでダイヤを浮き出し、山からの水を流れる川で表現。

エンドにはココペリがデザインされてます。

素材はSILVER950(ブリタニアシルバー)。

925より輝きが強く美しいです。

ターコイズはキングマンのブラックスパイダーウェブ。

細かく密に入ったスパイダーウェブは希少で観賞価値がとても高いです。







続いて、ネックレス。


Shining Feather Silver Necklace

20200903_105052~2.jpg






20200903_105404~2.jpg




20200903_104823~2.jpg

〈大〉ゴールデンイーグル風切羽

〈小〉カワセミの羽根



羽根の毛の流れをタガネで一本一本手彫りしてます。

動きのなかに輝きを表現。

角度によって輝き方が変わります。

着用して動くとキラキラと輝くのです。

素材はこちらもSILVER950になります。





以上、東京彫金4点。

いや、3点。

気になる方は2点1点となる前にぜしっ!




ではでは、御来店お待ちしております。

外出を控えたい方や遠方の方はLINE通話とオンラインにてお気軽にぜひ♪







アポイントはこちらの予約ページからどうぞ。






◇Dron-pa◇

豊島区西池袋1-2-3 1F
03-5911-4177
12:00〜20:00
無休






[ONLINE STORE]

[LINE]
ID:dron_pa

[Instagram]

[Facebook]

[Tumblr]

[ALOHA BEAUTY]

[Website]